ステンレスパネルタンク(保温仕様)

タンクと一体構造・高い断熱性

保温型タンクの特長

ステンレスパネルタンク保温型は、タンク本体とタンクと同形状のアルミ材保温カバーの間に、高断熱・高耐熱の発泡ポリスチレン(耐熱発泡性樹脂)を保温材として使用した、三層構造になっています。保温材の厚さは、30mm、50mm、100mmの3種類あります。

森松のステンレスパネルタンク保温型は、飲料用水槽の結露、凍結防止用だけでなく、還水槽、膨張水槽、ソーラー蓄熱槽、貯湯槽、冷水槽、ブラインタンク等、幅広く使用されています。また「潜熱」を利用した経済的な蓄熱システムである氷蓄熱システムや、各種潜熱利用システムの蓄熱槽としても利用されています。

保温材(発泡ポリスチレン)の特長

  • 気泡構造が独立微細な発泡体であるため低い熱伝導率・吸水率で、断熱材として最適です。
  • 圧縮・曲げ・引張強度強度が強いため、保温施工後の強度があります。
  • 高温時の寸法収縮が優れているため、高温領域(90℃)で継続使用が可能です。

発泡ポリスチレン保温材の物性表

耐熱発泡性樹脂(発泡ポリスチレン)
5%圧縮強度(N/cm²) 17.6
曲げ強度(N/cm²) 40.2
熱伝導率(W/(m・k)) 0.033
吸水率(g/100cm²) 0.02
90℃×168hr後加熱寸法変化率(%) -0.87
自己消火性 OK

保温性能図

  • ※保温性能図はタンクの設置環境や、通気口、MH形状によっても左右されますので、保温性能を保障する物ではありません。

保温型タンクの熱貫流率

30mm保温アルミラッキング

  • 結露防止仕様(水温15℃、外気35℃)
    熱貫流率 1.18541 × 1.16279 = 1.37839W/(m²・K)
  • 凍結防止仕様(水温5℃、外気−20℃)
    熱貫流率 1.07114 × 1.16279 = 1.24551W/(m²・K)