「BCAOアワード2019 事業継続部門 優秀実践賞」を受賞しました

森松工業株式会社(本社:岐阜県本巣市、代表取締役社長 松久晃基)は、特定非営利活動法人 事業継続推進機構(BCAO)より「会社の利益と社会貢献を両立するBCの実践」をタイトルとして「BCAOアワード2019 事業継続部門 優秀実践賞」を受賞しました。

弊社では、生産拠点の分散、熟練溶接工を自社の職業能力開発校で育成、独自の生産技術を開発するなど、本業の拡大・強化と社会貢献の双方を意識した事業継続への取り組みをさらに強化しており、その点が評価されました。

これからも、こうした事業継続への取り組みを通じて、災害時に重要な水の供給に携わる社会的責任を強く意識し、社会インフラを支える一員として貢献してまいります。

特定非営利活動法人 事業継続推進機構(BCAO)ニュースリリース
https://www.bcao.org/BCAOaward2019newsrelease.pdf