国土強靭化貢献団体認証「レジリエンス認証」を更新~事業継続及び社会貢献の両分野で認証取得~

森松工業株式会社(本社:岐阜県本巣市、代表取締役社長 松久晃基)は、令和元年度(2019年度)第一回国土強靭化貢献団体(レジリエンス認証)の更新審査において、事業継続及び社会貢献の両分野で認証を取得・更新いたしました。
 
当社では、東日本大震災を機に実効性のあるBCP(事業継続計画)を策定し、定期的な見直しや教育訓練を実施するなどの事業継続体制の強化が認められ、水道関連企業で第一号となる2017年7月29日に「レジリエンス認証」を取得しております。
 
わたしたちは災害時の飲料水を確保する様々な製品提供や、災害復旧に対する積極的な支援活動(東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨など)を実施させていただいておりますが、そういった活動が評価され、令和元年7月31日付にて「事業継続」のみならず今年から追加された「社会貢献」の両分野でレジリエンス認証を取得・更新いたしました。
 
今後も引き続き事業継続体制の強化を図るとともに、災害発生時における支援活動に注力することで、国土強靭化に貢献してまいります。


 
『レジリエンス認証』とは・・・
http://www.resilience-jp.biz/certification/about/


 
本件に関するお問い合わせ先
森松工株式会社 総務部総務課 古村 TEL 058-323-0230